2015年12月6日日曜日

はやぶさ2 スイングバイ 観測

12月3日にはやぶさ2のスイングバイを物理部と地学部共同で学校で観測しました。

 後ろに写っている天体ドーム内の望遠鏡は仰角が30°以下は使えないらしいので写真撮影がメインになりました。

JAXAが公開していた軌道予測データを基に、カメラの向きを手動で変えて追尾しながら撮影します。
100枚以上撮ったのですが、それらしきものが写っていたのは2枚だけでした。

 
赤いまるで囲った部分です。
 
撮影機材 CANON EOS  kiss X5
250mm F5.6 SS15秒 ISO3200 トリミング済み
撮影時刻 2015年12月3日18:52-53分JST
撮影場所 群馬県高崎市


2枚の写真の間にカメラの向きを変えるために10秒ぐらい時間があるので、流れ星の可能性は低いと思われます。(もし流星だったら20秒以上発光していたことになります)
光跡の位置もはやぶさ2の軌道予測データとだいたい一致していますが、他の人工衛星の可能性も否めません。
実際どうなんでしょうか?

最後にインターバル撮影をした後、比較明合成をしました。高崎の街の明かりが思ったより明るかったです。



0 件のコメント:

コメントを投稿