2015年10月1日木曜日

ロボカップ 名古屋に向けて その1

10月ですね。前回の投稿から2か月経ちました。
何があったんですかね。(ほんと何やってたんだろう… 後で記事書き足そう。)

さて、今年もロボカップに参加することになりました。
昨年のように 木の板+弱いモーター+windows なんてアンバランスな構成はやめて、アクリル板+3軸オムニ+AVR を大まかな設計として組み立てていこうかと思います。

もちろん、全国大会を目指します。今年は名古屋ですね。

で、8月の後半は主に設計をしていました。

8月30日には群馬大学で練習会がありました。群馬ブロックの他のチームとの交流会のようなものです。
いろいろ情報が得られて楽しかったです。




そのあと、土台となる板をプラ板にすることに決定したのですが、普通高校では加工ができません。
そこでTwitterで加工ができる人いるか聞いてみると数分で数人から返答を得ることができました。 (なんでみんなそんなに加工設備が身近にあるんだよ…w)

ロケット氏に今回は依頼して届いた土台がこちらです。↓


オムニホイールはダイセンのあれです。板は3mm厚のアクリル板でレーザー加工をしていただきました。
去年の木工とは全然違いますねw ロケット氏ありがとうございます。


足回りが決定したら、今度は電池です。
昨年はニッケル水素電池を使いましたが、やっぱり重たいです。
リチウムイオン系の電池が使えるなら使いたいですね。

シルバーウィークに秋葉原に行ったところ、600円で18650が3本パックになっているのが売っていたので買いました。


2600mAh 日本製(Panasonic製)です。 
日本製が1本200円はお買い得ですね。

リチウムイオン電池は少しでも使い方を間違えると炎上したり爆発したりするので取扱い注意です。

充電器はaitendoのキットを使いました。
 写真は製作途中のものです。

あとから気付いたのですが、電池のパッケージに「分解するな!」と書いてありました。
きっとどこかに「専用の充電器以外で充電するな!」 とも書いてあるでしょう。

ということで、危険性が理解できない人は絶対に真似をしないでください


早めに完成させて12月のノード大会から早速優勝できるようにしたいです。
次回はセンサーと制御基板系のお話しになるのかな?

7月の最後に書いた水ロケットプロジェクトですが、しばらくは打ち上げできそうにありません。
秋はロボカップ優先で、冬になると少しは余裕ができるかもしれませんが、群馬は赤城颪が吹くので実験できる日はほとんどなくなるでしょう…
横風時の姿勢制御までできるようになったら、むしろ真冬に実験をやる価値は出てきますが、そんなことはすぐにはできないでしょう。


最後に
なんかいつの間にかてぽ丼氏の動画にスペシャルサンクスで登場していました。


0 件のコメント:

コメントを投稿