2014年7月3日木曜日

レールガン2号機

月1ペースでの更新になってきていますね…
最初に言い訳させてください。
「時間がなかったんです!」
以上。

それはさておき、前々回の記事(と言っても2か月前)でなんとなく仄めかしていたレールガンのことについてですが、
2号機が完成しました!
1号機の問題点と今回の解決法は↓
・圧倒的にエネルギーが足りない⇒コンデンサを頂くことによって解決。(168J⇒1.8kJ)
・レール長が無駄に長い⇒全体的に短く作り直した。(ついでに経費削減)
・効率が悪い⇒オーグメントコイルを使うことによって解決(詳しくは後程)
・プラズマ圧に頼っていた部分があった⇒純ローレンツ力式に変更(これにより、完全に法律に引っかからなくなった。)
・充電時間が長い⇒昇圧チョッパを作成




とりあえず、完成したものがこちらです↓

見ての通り、レールガンなのにコイルがあります()
磁力増強によってローレンツ力がきっと強くなるはず!と信じて作りました。
ポン酢氏のをパクt参考にさせていただきました。
プラスチック部分は前回のアクリルではなく塩ビにしました。
プラズマ圧がかからいはずだから、塩ビでも耐えてくれるだろうということです。(こっちの方が安かったし)

コンデンサは前々回の記事でポン酢氏に頂いたものを使います。
耐圧450V 容量は実測値で5200μF・5300μF・7600μF 合計で1.8kJになるはずです。

今日は最初の実験と言うこともあって、5300μFのを1つ使いました。
1回目 340V 300J 弾が本体内で動いた
2回目 400V 424J 発射された。
はい。かなり入力エネルギー絞ったのにあっさり成功しちゃいました。1号機の10回目でやっと発射は何だったのか…

一応、初速も求められたので効率も書いておきます。
初速 16m/s 0.66J
効率 0.0015%
う~ん… 地味… 1.8kJ突っ込んだらどうなるかはまだ不明です。
詳しいことはホームページに追加すると思います

0 件のコメント:

コメントを投稿