2014年3月10日月曜日

XPのサポート終了対策(サブ機)

XPが今年の4月でサポート終了ということはニュースなんかで耳にして知っている方も多いと思います。


この記事を書いた日から31日後、ちょうど一か月です。


私のPCはメインのデスクトップ・サブのノートともにXPです。あと1か月で何とかしなくてはなりません。


現在のPCの使用状況を簡単にまとめると、


●メイン(デスクトップ)機
    ・私がメインで使っている。
    ・別アカウントで母も利用している。


●サブ(ノート)機
    ・私だけが主に自宅ファイルサーバーとして使用している。


といった感じです。


これを来月までに、


●新メイン機(性能は予定)    ・新しいメインデスクトップ機
    ・CPU        core i7 4770
    ・メモリ        16GB
    ・GPU        GTX670
    ・SSD        120GB
    ・HDD        2TB
    ・OS        windows8.1 pro


●新サブ機
    ・低スペックマシンでの動作確認用
    ・現在のメイン機


●親用のPC 
   ・今回の記事のネタ


という風にする予定です。1つのPCを数人で使うのではなく1人1台以上にします。


私はプログラミング、動画・画像編集、officeなどなど、Windowsでしかできないような、さらに言うとかなりのスペックが要求されることをするのに対し、親はブラウザでネットを見るぐらい…
親のPCは無料のOSに入れ替えた方がいいのでは?といった状況です。


今回は、親用のPCのサポート終了対策としてサブ機にLinuxを入れることにしました。


自分用のデスクトップ機はまだ注文していないので来週以降になりそうです。



とりあえず、サブ機のスペックを最初に載せておきます。


型番            IBM Thinkpad R-32CPU            Mobile Pentium 4-M 1.60GHz Northwood
メモリ            768MB
HDD            40GB
GPU            よくわからないオンボード品(VRAM 16MB)


今となっては超低性能PCです。


HDDは違うものをLinux用に入れ替えました。(容量が30GBになる。)



LiveUSBを使ってインストールするので、Ubuntu13.10のISOイメージを焼いてから起動します。


起動するまでは良かったものの、デスクトップが重たすぎで何もできません


仕方がないので1つ前のバージョンのubuntu13.04を試してみるものの、今度はデスクトップすら表示されませんでした。


さらに前のubuntu12.10でも結果は同じ。


結局、ubuntu12.04.2LTSまで戻してからインストールしました。




約2時間後、OSがインストールされ、使えるようになったもののデスクトップが重たくて使いにくいです。


デスクトップを標準の物からLXDEというものに変更しました。



こちらだとスムーズに動きます。操作もWindowsに似せることができました。


OSのアップグレードができそうだったので、12.10⇒13.10と2回アップグレードして最新版にしました。


この作業に6時間ほどかかりました。


その後、不要なソフトを削除してブラウザとメールぐらいしか使えないレベルまで軽量化させました。


その作業中に間違ってキーボードの入力関連の物も削除してしまったみたいで、ログインできなくなるという事態になってしまいました。


CUIからインストールしなおしたら直りました。
(ログイン画面でCtrl+Alt+F1でコマンド画面を開いた後、$ sudo apt-get install 間違って削除したソフト名 で解決)


あとは、細かいデザインなどを変更して使いやすいようにしました。




これで親用のPCのXP問題は解決です。



早く自分用の新PCがほしいです。



最後に一応言っておきますけど、XPのサポート終了したからって使えなくなるわけではないですからね。


ネットはルーター経由で接続し、IE封印して、フラッシュ・javaなどを常に最新のものになるように更新を確認し続ければサポート終了したOSもほぼ安全に使えます。
実際、Windows2000を魔改造して今でも使っている人もいますしね。


じゃあ、XPのままでもいいじゃないかとか言われそうですけど、ここはXP終了を口実に最新のPCを買ってもらうチャンスになるので使えることを黙っておくことにします。


0 件のコメント:

コメントを投稿