2013年11月25日月曜日

光の軌跡

前回の記事の続きです。

浜川運動公園から井野川沿いを通って家の近くについたのは5時頃でした。

今日はSLみなかみも走っているので撮影してから帰宅ということになりました。

しかし、5時というとこの時期は真っ暗です。普通に撮影できません。

流し撮りでも流しきれないほど流れすぎてしまいます。

そこで、発想の逆転。

「そうだ。流しきれないのなら流されればいいんだ!



 

何が言いたいのか自分でもよくわかりません。

要するに、シャッター速度を限界まで遅くして光の軌跡だけを残そうという発想です。

実際に写真を見た方がわかりやすいですね↓

SLみなかみ シャッター速度15秒

狙い通り、光の筋だけが残りましたが、なんの車両なのか全くわかりません(;^ω^)

この方法で撮っていて面白かったのがE233系です。

側面の行き先表示器のLEDが点滅している様子がわかります。

どうしてこうなるのか知りたい方は調べてみてください。意外と面白いですよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿