2013年2月3日日曜日

USBメモリを買った

USBメモリを買いました。

容量は16GBです。

値段は1600円です。

USB3.0対応にしました。



 

近所の家電量販店に自転車で行きました。

1月の服装のまま出かけたら暑かったです。

最高気温は18.6℃(4月中旬並)でした。完全に春のようです。

 

レジの前にはワゴンセールで「8GB 690円」のUSBメモリがありました。

その横には「16GB 1400円」のメーカーがよくわからないUSBメモリがありました。

これを買おうかと思ったのですが、転送速度が不明で不安です。

USBメモリコーナーに行くと「16GB 1500円」と「16GB 1600円」のがありました。

どちらも日本のメーカーです。

悩んだ結果、「16GB 1600円」の方を買いました。

理由は転送速度が速くUSB3.0に対応していたからです。箱には最大70MB/sと書いてあります。

家のパソコンはUSB2.0までしか対応していませんが、2014年4月8日(windows xp サポート終了)までには確実に買い変える事になるので3.0対応を選びました。それまでにUSBメモリが駄目になる事は無いと思います。

 

外観です↓

USB3.0対応のため端子の下のプラスチック部が青です。

今まで使っていたのは黒でした。

(多分 1.0・1.1が白 2.0が黒 3.0が青です。白のケーブルでUSB2.0対応製品に繋いだら「ケーブルを変える事で転送速度が向上します...」みたいなメッセージが表示されました。)

 

PCに繋いで見ました。ついでに他のUSBメモリや外付けHDDもつなげました。

キャプチャ画像で「USB16GB(F:)」と表示されているのが今回買ったものです。

今日購入したUSBメモリはキャップを固定しておけるところがなかったので、緑の紐で繋いであります。

写真は左から

USBメモリ 16GB 今日購入したもの

USBメモリ 1GB 今まで使っていたもの

USBメモリ 128MB ほとんど使用していないもの 容量が少なすぎます。

外付けHDD 40GB BVE4やRailSim2のデータ用

外付けHDD 40GB 普段使わないデータ用

です。

箱から出して繋いだ時はFAT32でフォーマットされていましたが、exFATでフォーマットし直しました。

4GB以上のファイルを入れる事は無いと思いますが、高速化するようなのでそうしました。

(常に挿しっぱなしならばNTFSが見かけ上は最速ですが)

 

アイコンの変更は比較的簡単です。

一番上の階層(F:¥)などに「Autorun.inf」というファイルを作成し、その中に

[Autorun]
icon=○○

と記述するだけです。○○の部分にはアイコンファイルを指定してください。

 

一応、転送速度も測ってみました。

70MB/sには程遠いです。2チャンネルアクセスが2.0だと使用できないからだと思われます。

 

今後はこれをメインに使用します。(ミゼルさんがUSBメモリ欲しいとか言っていたような...)

 

今まで使っていたものにはandroidなどをインストールしてみようと思います。

androidはスマホのOSですが、x86CPU対応版があるようなのでそれを使います。

LinuxのLive USBを作るのと同じだと思います。

成功したらブログかホームページで紹介します。


2 件のコメント:

  1. どこに売ってたの!?
    欲しい~ww

    返信削除
  2. >k-kouさん
    コジマ電気です。
    この値段は本日限りかもしれません。
    どこで買っても大体同じ値段ですけど。

    返信削除